新米為替トレーダーのテクニカル分析入門 TOP
HOME
テクニカル分析の解説- テクニカル分析に用いるテクニカル指標はトレンド追随型指標
オシレーター系指標
出来高指標に分けられます。
ROC ・ROCとは ・ROCの見方・使い方
[外国為替証拠金取引業者]為替取引手数料無料!まずはデモ・トライアル!
各テクニカル分析指標の基本的な見方・使い方を掲載しています。テクニカル分析は買いサイン、売りサイン、利食い目標値、損切り水準などを分析者に示してくれます。しかし、分析結果の中には多くの騙しも存在します。騙しを減らし利益に繋がる確立の高いサインかどうかを見極める必要があり、テクニカル分析の組み合わせ、各通貨ペアでのバックテストなどでテクニカル分析の有効性を”分析”することはとても重要な作業です。
トレンド追随型指標 出来高指標
移動平均線 ボリンジャーバンド ボリュームレシオ
パラボリックタイムプライス エンベロープ ワコーボリュームレシオ
カギ足 新値足 オンバランスボリューム
練行足 P&F
オシレーター系指標
モメンタム ストキャスティクス RSI
ディレクショナルムーブメントインデックス 乖離線 RCI
サイコロジカルライン ピボット ROC
%Rオシレーター MACD
テクニカル指標-オシレーター系指標-ROC(Rate of Change)

ROC(Rate of Change)

ROCとは計算期間内の価格の変化率を表したテクニカル指標で逆行現象、相場の勢い(強弱)、
反転の目安となる水準を見ることが出来る指標です。モメンタムとほぼ同じ動き方をします。

100ラインを相場の強弱分岐点とする
・ROCが100以上の時は強気相場と判断
・ROCが100以下の時は弱気相場と判断

ROC逆行現象

・逆行現象とはトレンドの終息又はトレンド転換のサイン
 価格は上昇(下降)しているがROCは下降(上昇)しROCが値動きと逆行している状態
 相場が天井圏/底値圏で推移している時の逆行現象の方が信頼度は高い

反転の目安となる水準はモメンタムと同様で前回の反転した水準を参考にするという方法があります。

ROC (Rate of change)

関連ページ 逆行現象で売買

テクニカル分析とは? 私なりのバックテスト方法 バックテストvol.U ・バックテストvol.V ・バックテストvol.W
分散エントリーでリスク軽減
・タイミング(時間)
・エントリー値段を分散
・取引通貨ペアを分散
ローソク足の見方
・ローソク足とは
・ローソク足のパターン
・ローソク足と移動平均線
トレンドラインの活用
・トレンドライン(Trend line)とは
・トレンドラインの引き方・見方
・アウトライン
トレンド(trend)
・トレンド(trend)とは
・現在のトレンド判断
・トレンド転換を察知
FXデイトレード
・デイトレードとは
・デイトレードの長所と短所
・取引時間帯と通貨ペア
各通貨ペアの月別傾向
過去為替相場の各通貨ペア
の月別の上昇・下降傾向
クロス円・ユーロドル・ポンドドルなど
外国為替証拠金取引入門
・外国為替証拠金取引の例
・外国為替レートの見方
・為替証拠金取引の魅力
・スワップ金利とは
テクニカル指標活用
ストキャスティクス
・ストキャスティクスとは
・売買サインの使い分け
逆行現象で売買
・逆行現象とは
移動平均線の活用
・サポート/レジスタンス
・押し目買い/戻り売り
ボリンジャーバンド
・売買サイン
・売買サインの使い分け
過去相場のチャート(ロウソク足チャート/ラインチャート)
ドル/円チャート ユーロ/円チャート ポンド/円チャート
ポンド/ドルチャート ユーロ/ドルチャート
各通貨の変動幅データ(週間・月間・年度別など)
ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円
豪ドル/円 ユーロ/ドル ポンド/ドル
書籍-ワイルダーのテクニカル分析入門――オシレーターの売買シグナルによるトレード実践法
外国為替相場リアルタイムレート外国為替リアルタイムチャートFXトレーダーズBBS為替取引会社一覧
Copyright (C) Foreign exchange life.All Rights Reserved.
(新米為替トレーダーのテクニカル分析入門)