新米為替トレーダーのテクニカル分析入門
新米為替トレーダーのテクニカル分析入門

ATR(Average True Range:アベレージ・トゥルー・レンジ)

ボラティリティを計る指標:ATR
テクニカル分析とは?
テクニカル分析指標解説
・トレンド追随型指標
・オシレーター系指標
・出来高指標
テクニカル分析を始めよう
・テクニカル分析をするには
・売買ルールを決める
・バックテストとは
私なりのバックテスト方法
バックテストvol.U
バックテストvol.V
バックテストvol.W
分散エントリーでリスク軽減
・タイミング(時間)
・エントリー値段を分散
・取引通貨ペアを分散
ローソク足の見方
・ローソク足とは
・ローソク足のパターン
・ローソク足と移動平均線
トレンドラインの活用
・トレンドラインとは
・トレンドラインの引き方・見方
・アウトライン
トレンド(trend)
・トレンド(trend)とは
・現在のトレンド判断
・トレンド転換を察知
保ち合いチャートパターン
・ダブルトップ/ダブルボトム
・三尊/逆三尊

・中段保ち合いパターン
FXデイトレード
・デイトレードとは
・デイトレードの長所と短所
・取引時間帯と通貨ペア
損切り(ストップロス)
・損切りの重要性
・損切りと利食い
・損切り注文の出し方
各通貨ペアの月別傾向
過去為替相場の各通貨ペア
の月別の上昇・下降傾向
テクニカル指標の活用法
ボリンジャーバンド
・売買サイン
・売買サインの使い分け
ストキャスティクス
ストキャスティクスとは
・売買サインの使い分け
逆行現象で売買
・逆行現象とは
移動平均線の活用
・サポート/レジスタンス
・押し目買い/戻り売り
FX取引入門
-外国為替証拠金取引入門
・外国為替証拠金取引とは
・外国為替証拠金取引の例
・外国為替レートの見方
・為替証拠金取引の魅力
・スワップ金利とは

ATR(Average True Range)

ATR(Average True Range/アベレージ・トゥルー・レンジ)は変動率(ボラティリティ)を表すテクニカル指標指標です。
一般的には、この指標で売買サインを出すというよりも、上記の通り、現在のボラティリティを確認するのに使用します。

また、ATRの値より大きな値動きが起きた場合には、トレンドの発生として順張りでついていく、またはATRは過去のボラティリティを表す指標なので、ATRの表すボラティリティ上限では逆張りでトレードするといった取引が考えられます。

個人的には、ATR単体で売買することはなく、トレンドに逆行して相場が動き、ボラティリティが上限に達した場合などにトレンドに沿ってポジションを取るというようなトレードを行っています。
これは、超短期では逆張り、中期では順張りということになります。

ATRの計算式

・(当日高値 − 当日安値 + 前日高値 − 前日安値 + ....... )/N
*Nは任意の日数の数値または指数平滑平均(EMA)


外国為替(FX)相場リアルタイムレート外国為替(FX)リアルタイムチャートFXトレーダーズBBS為替取引会社一覧
Copyright (C) Foreign exchange life.All Rights Reserved.
(新米為替トレーダーのテクニカル分析入門)